製品紹介
製品紹介
は、
(株)DTS-CADの製品です。


play_circle_outlineplay 【再生時間 13:48】  こちらをクリックすると、別ウインドウで拡大再生されます。
PARACIMA 積算システムをWalk in homeの積算数量と連動させることにより見積実行予算が
 【積算タイプの選択(仕上タイプ)】→【積算数量取込】→【見積変換】→【見積転送】
の4クリックで作成できます。  
初期マスターを整えて実行すれば20秒で見積実行予算が作成できます。



play_circle_outlineplay 【再生時間 12:04】 こちらをクリックすると、別ウインドウで拡大再生されます。
この動画から、PARACIMA 仕上積算表について、具体的な機能説明と、一連の流れを実際に操作しながら説明していきます。
あらかじめ設定した仕様を元に、自動でその仕様に反映した見積もりが作成される仕組みになっています。
和風仕様、洋風仕様など、仕様パターンを決めておくことで、迅速に、正確な見積もりを出すことができます。



play_circle_outlineplay 【再生時間 06:16】 こちらをクリックすると、別ウインドウで拡大再生されます。
この動画では建具工事の各項目の説明と、使い方について解説していきます。
建具工事は、外部建具と、内部建具に分かれています。
Walk in homeから積算数量を取り込むと、外部建具と内部建具に登録してあるマスターに併せて拾います。


play_circle_outlineplay 【再生時間 07:00】 こちらをクリックすると、別ウインドウで拡大再生されます。
この動画では外部仕上、特記事項について解説していきます。
まずは外部仕上から解説していきます。
外部仕上では、建物の構造種類ごとに、色分けされており、それぞれに積算方法を設定することができます。

play_circle_outlineplay 【再生時間 12:04】 こちらをクリックすると、別ウインドウで拡大再生されます。
この動画では工種歩掛について解説していきます。
工種歩掛では、仮設工事や、基礎工事といった、どのタイプの建物にも共通する、単独で積算できる項目を登録します。


play_circle_outlineplay 【再生時間 01:54】 こちらをクリックすると、別ウインドウで拡大再生されます。
この動画では、木拾いについて解説します。 木拾いを積算するためには、あらかじめWalk in homeの伏せ図機能を使い作成した、木拾いデータを含んだ積算数量が必要です。

play_circle_outlineplay 【再生時間 06:16】 こちらをクリックすると、別ウインドウで拡大再生されます。
この動画では、見積変換、見積転送について解説していきます。

このページのTOPへ